トップへもどる

公益財団法人島田美術館

  • 日本語
  • 英語
  • 公益財団法人 島田美術館
  • 〒860-0073
    熊本県熊本市西区島崎4-5-28
    TEL 096-352-4597
    FAX 096-324-8749

エプロン展

日月茶楽 ~書と茶を愉しむ 関連ワークショップのお知らせ

2020年10月1日(木)~4日(日)開催の「日月茶楽 ~書と茶を愉しむ」にて、下記のイベントを開催いたします。

全ワークショップの会場は、島田美術館“日月茶楽”展示会場内です。

参加ご希望の方は日月茶会Facebookへメッセージ、またはメール(nichigetuchakai@gmail.com)でご連絡をお願いします。
午前の部午後の部、どちらをご希望かとお名前、緊急時の連絡先として携帯番号を添えてお送り下さい。
こちらからの返信をもって、ご予約確定とさせて頂きます。ご不明な点ご質問なども気軽にお問合せください。
ご参加お待ちしております
開催においては密を避け、出来うる限りの対策を講じます。
ご来場の皆様にはマスクの着用をよろしくお願い致します。
体調のすぐれない方は来場を控えて頂く様お願い致します。
 

●軸を知る楽しむワークショップ●

DSC_8023
今回の展示会の軸となるアイテムの一つが「掛け軸」です。
普段の生活には馴染みの薄いであろう軸ですが、茶席ではお客様を迎える側であるホストがその茶席のテーマを表現する際に使う重要なアイテムとなります。
そこには先人達の知恵や伝達の力、想像力への働きかけ等面白い事が沢山詰まっています。
見方を知ると深い世界が見えてくるんですよ。
軸の楽しみ方と実際の扱い方を知るひと時をご一緒しませんか。
軸なんて気にして見た事無い、ましてや触るのなんて初めてという方にご参加頂きたいワークショップです。
軸初心者の方向けワークショップ。
新しい世界を一緒に覗いてみませんか。

講師:木本智子(日月茶会、星月学級主宰。茶道表千家講師。)

【日付】10月2日(金)
【時間】10:30~(体験時間:1.0H~1.5H)
【定員】各6名 予約優先(先着順)
【参加料】2000円(お菓子とお抹茶付)
【持ってくるもの】特になし。

 

●古代文字を知ろう、そして書こうワークショップ●

received_239408304071546
こちらのワークショップでは書家の稲田春逕先生と共に古代文字を知り、書き、楽しみます。
現代に伝わってきている文字の起源とは。古代文字とは。
『大書源』など、貴重な辞典を触って調べてみましょう。
ご希望の文字について理解を深め、書いてみましょう。
ご自分の名前に入っている文字でも良し、座右の銘の一文字でも良し。
様々な書体や書き方、筆の使い方も教えて頂けますよ。
名刺サイズ、ハガキサイズ、色紙サイズのいずれかの台紙に清書をしてお持ち帰り頂きます。
ご自分の一文字について理解を深め、楽しんで作品を作り上げて下さいね。

書道は小学校以来です、そんな方にこそご参加頂きたいワークショップです。
文字を丁寧に今一度見直す機会になって頂けたら嬉しいです。

講師:稲田春逕(書道家、Mozi研究家。しゅんけい書道教室、ねえねえ塾主宰。)

【日付】10月2日(金)
【時間】14:00~(体験時間:1.5H~2.0H)
【定員】各6名 予約優先(先着順)
【参加料】3000円(お持ち帰り頂く台紙、お菓子とお抹茶付)
【持ってくるもの】特になし。気になる方は汚れてもよい服装で。

 

●和菓子を知る味わうワークショップ●

IMG_20200904_230751_038
書と茶を愉しむ展示会【日月茶楽】では
その名の通り、書と茶を楽しむワークショップを企画しております。

お茶のお共に欠かせない和菓子。
茶席での和菓子の役割は味覚だけでは無いおもてなしの心が込められています。
茶道から見た和菓子の楽しみ方や食べ方、和菓子の歴史などを知るひと時をご一緒しませんか。
知って味わうと美味しさもひとしおです。
美味しいお抹茶に季節の和菓子をご準備致します。
また、ご自宅で美味しくお抹茶を点てるコツも合わせてお伝え致しますよ。
和菓子のお土産付。
是非ご自宅で美味しい和菓子ライフを楽しんで下さい。
茶道の作法など全く知らないわという方にオススメ。
気軽にご参加下さい。

講師:木本智子(日月茶会、星月学級主宰。茶道表千家講師。)

【日付】10月3日(土)
【時間】10:30~(体験時間:1.0H~1.5H)
【定員】各6名 予約優先(先着順)
【参加料】2500円(お菓子とお抹茶、和菓子のお土産付)
【持ってくるもの】特になし。

 

●美文字&アート書を知ろう書こうワークショップ●

received_702083710377800
こちらのワークショップでは美文字とアート書を知って書いて楽しみます。
教えて下さるのは書家の稲田春逕先生。

美しい文字の定義とは?
どの様な文字を人は美しいと感じるのか。
魅せる文字とはどの様な文字なのか。
文字の美しさの定義を掘り下げてみる。
文字の概念を落とし込んで楽しむところからスタートするワークショップです。
各々が思う美しい文字を見つけたらそれを書いてみましょう。
様々な字体や書き方、筆の使い方も教えて頂けます。

今回はご自宅でも気軽に書が楽しめる水筆と専用のシートもお持ち帰り頂きます。
水さえあれば手軽に筆使いを練習する事が出来ますし、何度でもお使い頂ける優れものです。
書の経験が無い方にこそご参加頂きたいワークショップです。
自分の書く文字を少し好きになれる、そんな機会になって頂けたら嬉しいです。

講師:稲田春逕(書道家、Mozi研究家。しゅんけい書道教室、ねえねえ塾主宰。)

【日付】10月3日(土)
【時間】14:00~(体験時間:1.5H~2.0H)
【定員】各6名 予約優先(先着順)
【参加料】3500円(水筆と専用シート、お菓子とお抹茶付)
【持ってくるもの】特になし

 

●『方丈記』の朗読会●

書と茶を愉しむ展示会【日月茶楽】最終日、朗読家の政木ゆかさんをお迎えして朗読の会を開催します。

『方丈記』とは
平安時代末期から鎌倉時代の様子を鴨長明が書いた日本最古の災害文学と言われています。
また、日本中世文学の代表的な随筆で『徒然草』『枕草子』と並ぶ日本三大随筆のひとつです。
朗読と合わせて『方丈記』の読み解きも行います。

書と茶と『方丈記』との関係は?
『方丈記』とは一体何なのか?
鴨長明とはどの様な人物なのか?
何故、今『方丈記』の朗読なのか?

是非にご来場頂き、この謎について解明するひと時をご一緒下さい。
そこには過去と現在を繋げる壮大な物語が含まれています。
先人と現代人、その生き方に通じるもの。
きっとご自分を深く見つめる時間と成るでしょう。

【語り手プロフィール】
政木ゆか:
フリーアナウンサー・演劇朗読家。1998年より14年半、東京を拠点にナレーターとして活躍。同時に名優・壌晴彦氏主宰の劇団に在籍し舞台やドラマに出演。2013年より再び熊本にて演劇を礎とした表現活動スタート。県内各地の様々な朗読イベントに出演。アナウンサー・朗読家・ラジオパーソナリティと幅広く活動している。熊日生涯学習プラザ「朗読サロン」講師。FM791「ゆるるアフタヌーン」パーソナリティ。フルート・箏演奏家との朗読ユニット『ことはのね』代表。

【日付】10月4日(日)
【時間】(体験時間:1.0H~1.5H)
午前の部 11:00~
午後の部 14:00~
【定員】各20名 予約優先(先着順)
【参加料】2200円(お抹茶とお菓子付)

日月茶楽~書と茶を愉しむ 

文字を読み解き茶の湯を楽しむ。軸を切り口とした茶室の設えをはじめ、書と茶を気楽に楽しむ会です。
手軽で使いやすい書道具や美味しいお抹茶とそれに合う甘味など美味しい物も取り揃え皆様をお待ちしております。

フライヤー
line_91494388529574_2
 

文字の面白さ茶道の楽しさ美味しさを体感する初心者向けのワークショップも開催します。

●軸を知る楽しむワークショップ●

●古代文字を知ろう、そして書こうワークショップ●

●和菓子を知る味わうワークショップ●

●美文字&アート書を知ろう書こうワークショップ●

●『方丈記』の朗読会●

 

詳しくは、日月茶会Facebook(https://www.facebook.com/nichigetu.chakai/)、Instagram(https://www.instagram.com/nichigetuchakai/)をご確認ください。