トップへもどる

公益財団法人島田美術館

  • 日本語
  • 英語
  • 公益財団法人 島田美術館
  • 〒860-0073
    熊本県熊本市西区島崎4-5-28
    TEL 096-352-4597
    FAX 096-324-8749

2017.12.29 Friday

歳末のごあいさつ

この地に小さな美術館が誕生して四十年が経ちました。

その周年の11月末日、島田真祐館長がこの世を去りました。

20171130_島田美術館_門_紅葉_7529採10
 

館長旅立ちの日の紅葉はことのほか見事で、

設立と運営に力を尽くした歳月とこれからの館存続を願う思いを

色濃く映したように感じております。

 

当館にとって、かけがえのない大きな存在を失いましたが、

その設立趣意と遺志を継ぎ、いにしへぶりに対座する場として、

永く語りかけることに務める所存でございます。

今後ともなお一層のお力添えを賜りたく、お願い申し上げます。

 

20171027_犬_張り子_7056LevR225G240B35_0.95_235
 

みなさまにおかれましてはどうぞ

健やかなる新春をお迎えになられますよう お祈りいたします。

本館展示:おもかげものがたり

ギャラリー:田上允克 展

 

1月5日(金)より開館いたします。

 

2017.10.6 Friday

刀剣の美を楽しむ秋

風物のたたずまいは眼に見えて秋らしくなりました。

始まりました「お守り刀」展の会場でも

名月よろしく短刀作品が澄んだ美しさで並んでおります。

 

DSCF6520trim
DSCF6518trim
 

全国各地の現代刀匠による作品には伝統と個性が絡み合った表現がみられ、

ご来場者の方はじっくり時間をかけてそれをお楽しみの様子。

 

今週末10月8日は「刀剣手入れ指導と鑑賞会」が催されます。

刀匠の方を講師に、手入れと鑑賞のコツをご教示いただきます。

全く刀剣にご興味のなかった方も興味はあるけど見方が分からないという方も、

是非この機会にご参加いただき、日本刀の美を遊びませんか。

ご予約お待ちしております。

 

 

 

2017.09.10 Sunday

現代刀匠によるお守り刀の展覧会

お守り刀ヨコナガ
 

 

曇りなく研ぎ澄まされた刀のことを「秋水」といいますが、

ここ熊本に秋を告げる例大祭を終えた9月27日より刀剣展が催されます。

全国の刀匠・刀職者から、外装付短刀作品を募り、優秀な作品を選出し

展示するものです。

武器という実用機能だけでなく、護符としての信頼を人々に感じさせる美しさを

どうぞご鑑賞ください。

会期中、さまざまな関連イベントを催します。

お守り刀展覧会 関連イベントその1 開会授賞式へのお誘い 他



お守り刀展覧会 関連イベントその2 銘切



お守り刀展覧会 関連イベントその3 刀剣手入れ指導と鑑賞会



着物でご来館の際には、貸出お守り刀(拵えのみ)で記念の一枚も自撮りできます。

刀剣は興味があるけど初めてという方もぜひイベントへご参加ください。

刀匠や研ぎ師の方から直接ご指導いただける貴重な体験ですよ。

 

 


2017.07.16 Sunday

夏の甲冑(かっちゅう)展

 

当館所蔵の甲冑11体
大鎧、胴丸、腹巻、当世具足と各種並んでいます。

20170716_FB_身を護る甲名を残す鎧武の装い_6219_500
 

「黒革胸紅白糸威腹巻」「紺糸威鋲綴桶側二枚胴具足」

とキャプションが漢字だけになりがちですが・・・

 

20170716_FB_身を護る甲名を残す鎧武の装い_6225_500

刀剣も
常設の無銘金重、国宗に加えて

無銘貞宗
兼定
則光
同田貫又八
延寿國秀

が冴えた美しい姿で脇に構えております。

20170709_FB_身を護る甲名を残す鎧武の装い_6115tc125_115_1000

IMG_0269

                        (大身槍 同田貫又八)

血と汗と戦塵に磨かれた武家の装い

どうぞお楽しみください

身を護る 名を残す 武の装いー甲冑―

会期:2017年7月5日~9月18日